GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

behave

behave – BDD、Pythonスタイル

投稿日:

BDD、Pythonスタイル

行動する

振る舞いは行動主導の開発、Pythonスタイルです。

行動主導型開発(BDD)は、ソフトウェアプロジェクトの開発者、QA、非技術者またはビジネス参加者の協力を促すアジャイルソフトウェア開発技術です。

behaveは、Pythonコードでバックアップされた自然言語スタイルで書かれたテストを使用します。

まず、 * behave *をインストールします。

“features /”というディレクトリを作成します。 そのディレクトリに、 “example.feature”という名前のファイルを作成します。

# -- FILE: features/example.feature
Feature: Showing off behave

  Scenario: Run a simple test
    Given we have behave installed
     When we implement 5 tests
     Then behave will test them for us!

“features / steps /”という新しいディレクトリを作成します。 そのディレクトリに “example_steps.py”という名前のファイルを作成します。

# -- FILE: features/steps/example_steps.py
from behave import given, when, then, step

@given('we have behave installed')
def step_impl(context):
    pass

@when('we implement {number:d} tests')
def step_impl(context, number):  # -- NOTE: number is converted into integer
    assert number > 1 or number == 0
    context.tests_count = number

@then('behave will test them for us!')
def step_impl(context):
    assert context.failed is False
    assert context.tests_count >= 0

振る舞いを実行する:

$ behave
Feature: Showing off behave # features/example.feature:2

  Scenario: Run a simple test          # features/example.feature:4
    Given we have behave installed     # features/steps/example_steps.py:4
    When we implement 5 tests          # features/steps/example_steps.py:8
    Then behave will test them for us! # features/steps/example_steps.py:13

1 feature passed, 0 failed, 0 skipped
1 scenario passed, 0 failed, 0 skipped
3 steps passed, 0 failed, 0 skipped, 0 undefined

さて、読書を続けて、 行動を最大限に活用する方法を学んでください。 まず、 チュートリアル機能テスト言語APIリファレンスをお勧めします。

詳しくは







-behave

執筆者: