GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

belluzj

fantasque-sans – プログラマーにとってモノスペースの変種を持つフォントファミリー

投稿日:

プログラマーにとってモノスペースの変種を持つフォントファミリー。 http://openfontlibrary.org/en/font/fa…

ファンタスクサンズモノ

機能性を念頭に置いて設計されたプログラミングフォントで、手書きのような曖昧な手書きのような曖昧さがあり、目立たないほどクールになります。 ダウンロード

以前はCosmic Sans Neue Monoとして知られていました。 同様の名前が既に他のフォントに使用されていて、人は本能的な漫画の憎しみを私のこのようなフォントにまで広げようとしていたようです (当然愛されるだけです)。 なぜ前の名前ですか? ここに私の元の説明があります:

その名前は、ある時点で、Comic SansとHelvetica Neueの突然変異した子のように見えるという私の認識から来ています。 うまくいけばそれ以上の場合ではない。

インスピレーションの源にはインコンソラータとモナコがあります。 私はまた、私のプログラミングの生活の中で多くのConsolasを使用しているので、共通のいくつかのポイントがあります。

重み、バリアント、グリフカバレッジ

フォントには太字のバージョンが含まれ、通常のバージョンと同じメトリックが使用されます。 両方のバージョンには、同じ範囲の文字が含まれています:ラテン文字、アクセント付きグリフ(非常に多く)、ギリシャ文字、矢印

私が描いたすべてのグリフをテストしていないことに注意してください(いくつかの手紙には、前に目にしたことのないクレイジーアクセントの2つのレイヤーがあります)ので、場合によっては見栄えが悪いかもしれません。 これらの問題を報告してください:次のセクションをご覧ください。

また、Consolasのイタリックバージョンと同様の方法でデザインした良いイタリックバージョンが追加されています。

文体のセット

ss01 :ノンスクリプトk

いいえ 気を散らす 素敵なループ。 ここで事前にアクティブ化されたバージョンを入手するか、または文章セットを有効にするテクニックについては、 問題#67を参照してください。

著者とライセンス

Jany Belluzによって作成<jany.belluz AT hotmail.fr>

SIL Open Font Licenseでライセンスされています( LICENSE.txtを参照)。

悪いデザインやレンダリングの問題(可能であればスクリーンショットあり)、さらに文字が必要な場合、あるいは私に褒め言葉(賛辞が好き)がある場合は、私に電子メールを送ったり、Githubに関する問題を報告してください。

インストール可能なフォントファイルの作成

構築プロセスには次のものが必要です。

make実行しmake 緑のものといくつかの “OK”メッセージが表示されます。

Ubuntuを使用している場合、デフォルトのUbuntuリポジトリにあるFontForgeのバージョンは、この文書の執筆時点では古くなっており、 微妙な問題が発生していることがわかっています このPPAからFontForgeをインストールすることをお勧めします(インストール前にsudo add-apt-repository ppa:fontforge/fontforgeを使用してください)。 また、これらのフォントの最新のリリースを常にダウンロードすることもできます。

make installはあなたのローカル.fonts/ディレクトリにTTFフォントをインストールし、フォントキャッシュを更新します。 フォントを変更する際に便利です。

Webフォント

各バリアントにはWebフォントWebfonts/フォルダがあり、Web上で使用するためのさまざまなフォント形式と、一致するCSSフォント宣言が含まれています。 それらを使用するには、同じフォルダで結合する必要があります:

  • *-decl.cssフラグメントからアセンブルできるカスタム.cssファイル(必要なスタイルのみを選択できます。たとえば、通常と太字)
  • Webfonts/ファイルからの.svg.woff.woff2.eotファイルのマッチングは、
  • TTF/フォルダからの一致する.ttfファイル
  • OTF/フォルダからの.otfファイルの照合。

バージョン

チェンジログをチェックしてください







-belluzj
-,

執筆者: