GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

boto

boto – botoの最新バージョンについては、 – Amazon WebサービスへのPythonインターフェイス を参照して

投稿日:

botoの最新バージョンについては、 https://github.com/boto/boto3 – Amazon WebサービスへのPythonインターフェイス http://docs.pythonboto.org/ を参照してください。

ボトム

boto 2.49.0

リリース日:2018年7月11日

ボトート3

Botoの次のバージョンであるBoto3は安定しており、一般的な使用に推奨されています。 同じプロジェクトでBotoと一緒に使用することができますので、Boto3を既存のプロジェクトや新しいプロジェクトで簡単に使用することができます。 今後は、APIのアップデートとすべての新機能についてBoto3に焦点を当てます。

Botoに依存し、すぐに切り替えることのできないユーザーを支援するため、短期間でBotoの重大な問題とPRを検討し、対処します。 より多くのユーザーがBoto3に切り替えると、時間の経過とともにメンテナンスが減少することが予想されます。 締め切り日やメンテナンス計画の大幅な変更を決定した場合、事前の発表を予定よりも早く行い、ユーザーの適応/移行に十分な時間を与えることができます。

前書き

Botoは、Amazon Web Servicesへのインタフェースを提供するPythonパッケージです。 現在、すべての機能はPython 2.6と2.7で動作します。 同じコードベースでPython 3.3以降をサポートするための作業が進行中です。 オープンソースコミュニティの助けを借りて、モジュールは一度に1つずつ移植されていますので、Python 3.3以降との互換性については以下を確認してください。

モジュールをPython 3.3以降に移植するには寄稿ガイドライン移植ガイドをご覧ください。 必要に応じて、進行中の作業について他の人に知らせるために問題を開くことができます。 プルリクエストを受け入れるには、Python 2.6,2.7,3.3、および3.4​​にテスト渡す必要あります。

サービス

現時点では、botoがサポートしています。

  • 計算する
    • Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)(Python 3)
    • Amazon Elastic Map Reduce(EMR)(Python 3)
    • オートスケーリング(Python 3)
    • Amazon Kinesis(Python 3)
    • AWSラムダ(Python 3)
    • Amazon EC2コンテナサービス(Python 3)
  • コンテンツ配信
    • Amazon CloudFront(Python 3)
  • データベース
    • Amazon Relational Data Service(RDS)
    • Amazon DynamoDB(Python 3)
    • Amazon SimpleDB(Python 3)
    • Amazon ElastiCache(Python 3)
    • Amazon Redshift(Python 3)
  • 展開と管理
    • AWS Elastic Beanstalk(Python 3)
    • AWS CloudFormation(Python 3)
    • AWSデータパイプライン(Python 3)
    • AWS Opsworks(Python 3)
    • AWS CloudTrail(Python 3)
    • AWS CodeDeploy(Python 3)
  • 管理とセキュリティ
    • AWSアイデンティティとアクセス管理(IAM)(Python 3)
    • AWS鍵管理サービス(KMS)(Python 3)
    • AWS Config(Python 3)
    • AWS CloudHSM(Python 3)
  • アプリケーションサービス
    • Amazon CloudSearch(Python 3)
    • Amazon CloudSearchドメイン(Python 3)
    • Amazon Elastic Transcoder(Python 3)
    • Amazon Simple Workflow Service(SWF)(Python 3)
    • Amazon Simple Queue Service(SQS)(Python 3)
    • Amazon Simple Notification Server(SNS)(Python 3)
    • Amazon Simple Email Service(SES)(Python 3)
    • Amazon Cognito Identity(Python 3)
    • Amazon Cognito Sync(Python 3)
    • Amazon Machine Learning(Python 3)
  • モニタリング
    • Amazon CloudWatch(EC2のみ)(Python 3)
    • Amazon CloudWatchログ(Python 3)
  • ネットワーキング
    • Amazon Route53(Python 3)
    • Amazon Route 53 Domains(Python 3)
    • Amazon Virtual Private Cloud(VPC)(Python 3)
    • Elastic Load Balancing(ELB)(Python 3)
    • AWS Direct Connect(Python 3)
  • 支払いと請求
    • Amazon Flexible Payment Service(FPS)
  • ストレージ
    • Amazon Simple Storage Service(S3)(Python 3)
    • Amazon Glacier(Python 3)
    • Amazon Elastic Block Store(EBS)
    • Google Cloud Storage
  • 労働力
    • Amazon Mechanical Turk
  • その他
    • Marketplace Webサービス(Python 3)
    • AWSサポート(Python 3)

botoの目標は、Amazon Web Servicesの幅広さと深さをサポートすることです。 さらに、botoは、Google Storageなどの他の公共サービスに加えて、Eucalyptus、OpenStack、Open Nebulaなどのプライベートクラウドシステムをサポートしています。

Botoは、主にMac OSXとUbuntu MaverickでPython 2.6.6とPython 2.7.3を使用して開発されています。 他のLinuxディストリビューションやWindowsで動作することが知られています。 Botoのほとんどは、Pythonで配布されているライブラリやパッケージ以外のライブラリやパッケージを必要としません。 Python 2.5.xとの互換性を保つために努力していますが、保証はありません。

インストール

pip経由でインストールする:

$ pip install boto

ソースからインストール:

$ git clone git://github.com/boto/boto.git
$ cd boto
$ python setup.py install

変更ログ

botoで何が変わったのかを確認するには、 http://docs.pythonboto.org/ja/latest/#release-notesでリリースノートをチェックしてください。

Botoについてもっと知る

botoの主なソースコードリポジトリはgithub.comにあります。 botoプロジェクトは、分岐のためにgitflowモデルを使用します。

オンライン文書も利用可能です。 オンラインドキュメンテーションには、多くのbotoモジュールの完全なAPIドキュメントとGetting Startedガイドが含まれています。

BotoのリリースはPython Cheese Shopで見ることができます。

FreeNodeのIRCチャネル#botoに参加してください。 Webchat IRCチャンネル: http ://webchat.freenode.net/?channels=boto

boto-users Googleグループに参加してください

Boto入門

資格情報は、接続を作成するメソッドに渡すことができます。 また、botoは、以下の環境変数が存在するかどうかを確認して、資格情報を確認します。

AWS_ACCESS_KEY_ID – あなたのAWSアクセスキーID

AWS_SECRET_ACCESS_KEY – AWS秘密アクセスキー

クレデンシャルやその他のboto関連の設定は、boto設定ファイルに保存することもできます。 詳細はこちらを参照してください。







-boto
-

執筆者: