GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

chrisallenlane

cheat – チートを使用すると、コマンドラインでインタラクティブなチアシェットを作成して表示することができます。 * nixシステム管理者に頻繁に使用する..

投稿日:

チートを使用すると、コマンドラインでインタラクティブなチアシェットを作成して表示することができます。 * nixシステム管理者に頻繁に使用するコマンドのオプションを思い出させるのに役立つように設計されていますが、頻繁に覚えておく必要はありません。

カンニング

cheat使用すると、コマンドラインでインタラクティブなチアシェットを作成して表示することができます。 * nixシステム管理者に頻繁に使用するコマンドのオプションを思い出させるのに役立つように設計されていますが、頻繁に覚えておく必要はありません。

次回は、Googleに相談せずに核兵器を武装解除することを強いられます。

cheat tar

次のようなチートシートが表示されます:

# To extract an uncompressed archive: 
tar -xvf '/path/to/foo.tar'

# To extract a .gz archive:
tar -xzvf '/path/to/foo.tgz'

# To create a .gz archive:
tar -czvf '/path/to/foo.tgz' '/path/to/foo/'

# To extract a .bz2 archive:
tar -xjvf '/path/to/foo.tgz'

# To create a .bz2 archive:
tar -cjvf '/path/to/foo.tgz' '/path/to/foo/'

利用可能なcheat -lシートを確認するには、 cheat -l実行します。

cheatは主に* nixシステム管理者のために設計されたものですが、どのコンテンツを格納するかには無関心です。 あなたが好きなクッキーレシピにメモを保存するためにcheatを使用したい場合は、自由に感じてください。

インストール

それはpip cheatをインストールすることをお勧めします:

[sudo] pip install cheat

他のインストール方法も利用できます

チートシートの変更

cheatの価値は、あなた自身のチアシを作成することができるということです。デフォルトは、出発点としてのみ提供されるものであり、変更する必要があります。

Cheatsheetsは~/.cheat/ディレクトリに保存され、キーフレーズ単位で名前が付けられます。 言い換えれば、 tarチートシートの内容は~/.cheat/tarファイルにあります。

CHEAT_EDITORVISUAL 、またはEDITOR環境変数が設定されている場合は、次のようにチラシを編集できます。

cheat -e foo

foo cheatsheetがすでに存在する場合は、編集用に開かれます。 それ以外の場合は、自動的に作成されます。

チートシートをカスタマイズした後、 ~/.cheat/をあなたのドットファイルとともに追跡することを強くお勧めします。

設定

DEFAULT_CHEAT_DIRの設定

個人的なチートシートはデフォルトで~/.cheatディレクトリに保存されますが、 DEFAULT_CHEAT_DIR環境変数をエクスポートすることで異なるデフォルトを指定することができます:

export DEFAULT_CHEAT_DIR='/path/to/my/cheats'

CHEATPATHの設定

CHEATPATH環境変数をエクスポートすることによって、 cheatに他のディレクトリのcheatシートを探すように指示することもできます:

export CHEATPATH='/path/to/my/cheats'

もちろん、あなたのCHEATPATH複数のディレクトリを追加することもできます:

export CHEATPATH="$CHEATPATH:/path/to/more/cheats"

cheat -d使ってあなたのCHEATPATHあるディレクトリを見ることができます。

構文ハイライトの有効化

cheatはあなたのチアシートに構文ハイライトを任意に適用することができます。 構文強調表示を有効にするには、環境変数CHEATCOLORSエクスポートします。

export CHEATCOLORS=true

構文ハイライタの指定

Github-Flavored Markdownコードフェンスにシートの内容をラップすることで、各チートシートにどのシンタックスハイライターを使用するかを手動で指定することができます。

例:

```sql
-- to select a user by ID
SELECT *
FROM Users
WHERE id = 100
```

構文ハイライトが指定されていない場合、デフォルトでbashハイbashが使用されます。

関連項目:







-chrisallenlane

執筆者: