GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

coleifer

peewee – 小規模で表現力豊かなorm – postgresql、mysql、sqliteをサポート

投稿日:

小規模で表現力豊かなorm – postgresql、mysql、sqliteをサポート http://docs.peewee-orm.com/

ピューニー

Peeweeはシンプルで小さなORMです。 それは、(表現力豊かな)概念はほとんどなく、学びやすく、直感的に使うことができます。

ピーニーは初めてですか? 始めるときに最も役立つ文書のリストを以下に示します。

フラスコヘルパーの場合は、 flask_utils拡張モジュールをチェックしてください。 また、peeweeモデルを管理するためのDjangoのような管理インターフェースを提供するために、一般的な拡張フラスコ管理者とpeeweeを使用することもできます。

モデルの定義はDjangoやSQLAlchemyに似ています:

from peewee import *
import datetime


db = SqliteDatabase('my_database.db')

class BaseModel(Model):
    class Meta:
        database = db

class User(BaseModel):
    username = CharField(unique=True)

class Tweet(BaseModel):
    user = ForeignKeyField(User, backref='tweets')
    message = TextField()
    created_date = DateTimeField(default=datetime.datetime.now)
    is_published = BooleanField(default=True)

データベースに接続してテーブルを作成する:

db.connect()
db.create_tables([User, Tweet])

いくつかの行を作成する:

charlie = User.create(username='charlie')
huey = User(username='huey')
huey.save()

# No need to set `is_published` or `created_date` since they
# will just use the default values we specified.
Tweet.create(user=charlie, message='My first tweet')

クエリは表現力豊かで構成可能です。

# A simple query selecting a user.
User.get(User.username == 'charlie')

# Get tweets created by one of several users.
usernames = ['charlie', 'huey', 'mickey']
users = User.select().where(User.username.in_(usernames))
tweets = Tweet.select().where(Tweet.user.in_(users))

# We could accomplish the same using a JOIN:
tweets = (Tweet
          .select()
          .join(User)
          .where(User.username.in_(usernames)))

# How many tweets were published today?
tweets_today = (Tweet
                .select()
                .where(
                    (Tweet.created_date >= datetime.date.today()) &
                    (Tweet.is_published == True))
                .count())

# Paginate the user table and show me page 3 (users 41-60).
User.select().order_by(User.username).paginate(3, 20)

# Order users by the number of tweets they've created:
tweet_ct = fn.Count(Tweet.id)
users = (User
         .select(User, tweet_ct.alias('ct'))
         .join(Tweet, JOIN.LEFT_OUTER)
         .group_by(User)
         .order_by(tweet_ct.desc()))

# Do an atomic update
Counter.update(count=Counter.count + 1).where(Counter.url == request.url)

Flaskで書かれた動作中のTwitterクローンウェブサイトのサンプルアプリケーションをチェックしてください。

もっと学ぶ

その他の例については、 ドキュメントを参照してください。

特定の質問? irc.freenode.netの#peeweeチャンネルでハングアップするか、メーリングリストhttp://groups.google.com/group/peewee-ormに投稿してください バグを報告したい場合は、GitHubで新しい問題作成してください。

さらに詳しい情報が必要ですか?

私はpeewee(と通常はFlask)を使ってアプリケーションやWebサービスを構築するためのブログ記事をたくさん書いてきました。 peeweeを使用する実際のアプリケーションを見たい場合は、以下のリソースが役に立つかもしれません:







-coleifer
-, , , ,

執筆者: