GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

crsmithdev

arrow – Pythonのより良い日付と時刻

投稿日:

Pythonのより良い日付と時刻 https://arrow.readthedocs.org

Arrow – Pythonの日付と時刻の改善

ドキュメント: arrow.readthedocs.org

何?

Arrowは、日付、時刻、タイムスタンプを作成、操作、書式設定、変換するための賢明で人間工学的なアプローチを提供するPythonライブラリです。 これはdatetime型を実装して更新し、機能のギャップを埋め、多くの一般的な作成シナリオをサポートするインテリジェントなモジュールAPIを提供します。 簡単に言えば、インポート回数を減らしてコードを少なくして、日付と時刻を扱うのに役立ちます。

Arrowは、 moment.jsリクエストに大いにインスパイアされています

どうして?

Pythonの標準ライブラリやその他の低レベルモジュールには、日付、時間、タイムゾーンの機能がほぼ完璧ですが、ユーザビリティの観点からはうまく機能しません。

  • 日付、時間、カレンダー、日付、ピッツなどのモジュールが多すぎます
  • 日付、時刻、日時、tzinfo、timedelta、relativedeltaなどの種類が多すぎます。
  • タイムゾーンとタイムスタンプの変換は冗長で不快です
  • タイムゾーンの知識は標準です
  • 機能のギャップ:ISO-8601の解析、タイムパン、ヒューマニズム

特徴

  • 完全に実装され、datetimeのドロップイン置換
  • Python 2.6,2.7,3.3,3.4および3.5をサポート
  • 標準でタイムゾーン対応のUTC
  • 多くの一般的な入力シナリオに対して、非常に簡単な作成オプションを提供します。
  • 週を含む相対的なオフセットをサポートする.replaceメソッドを更新しました。
  • 文字列を自動的にフォーマットして解析する
  • ISO-8601の部分的なサポート
  • タイムゾーン変換
  • プロパティとして利用可能なタイムスタンプ
  • 年からマイクロ秒までの時間枠、範囲、床および天井を生成します。
  • 寄付されたロケールの人口増加をサポート
  • 独自の矢印派生型のために拡張可能

クイックスタート

最初:

$ pip install arrow

その後:

>>> import arrow
>>> utc = arrow.utcnow()
>>> utc
<Arrow [2013-05-11T21:23:58.970460+00:00]>

>>> utc = utc.replace(hours=-1)
>>> utc
<Arrow [2013-05-11T20:23:58.970460+00:00]>

>>> local = utc.to('US/Pacific')
>>> local
<Arrow [2013-05-11T13:23:58.970460-07:00]>

>>> arrow.get('2013-05-11T21:23:58.970460+00:00')
<Arrow [2013-05-11T21:23:58.970460+00:00]>

>>> local.timestamp
1368303838

>>> local.format()
'2013-05-11 13:23:58 -07:00'

>>> local.format('YYYY-MM-DD HH:mm:ss ZZ')
'2013-05-11 13:23:58 -07:00'

>>> local.humanize()
'an hour ago'

>>> local.humanize(locale='ko_kr')
'1시간 전'

詳細なドキュメントはarrow.readthedocs.orgにあります。

貢献する

寄稿は歓迎されます。特にローカリゼーションが歓迎です。 現在サポートされているものについては、 locales.pyを参照してください







-crsmithdev

執筆者: