GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

DataDog

dd-agent – Datadog Agentバージョン5

投稿日:

Datadog Agentバージョン5 https://docs.datadoghq.com/

重要な注意点

このリポジトリには、メジャーバージョン5までのDatadogエージェントのソースコードが含まれています。サポートされていますが、このリリースラインではまだ大きな機能は計画されていません。ユーザーおよび投稿者は、バージョン6.0.0で、別のgitリポジトリで追跡しまし

変更点

各リリースで導入された変更の詳細については、 変更ログを参照してください。

コードの提供方法

コードを提出する前に、 寄稿のガイドラインをお読みください メジャーバージョン5がサポートされている限り、我々は貢献を受け入れますが、新しいエージェントコードベースに新しい機能を提出することを検討してください。

エージェントは、 LICENSEファイルに示されているように、単純化されたBSDライセンスの下で簡単にライセンスされています。 例外にはLICENSE-xxxとマークされます。ここで、xxxはコンポーネント名です。 ライセンス条項に同意せずにコードを提供したい場合は、プルリクエストを送信する前にinfo@datadoghq.comまで電子メールでご連絡ください。

環境の設定

必須:

  • Python 2.7
  • bundler(入手する: gem install bundler
# Clone the repository
git clone git@github.com:DataDog/dd-agent.git

# Create a virtual environment and install the dependencies:
cd dd-agent
bundle install
rake setup_env

# Activate the virtual environment
source venv/bin/activate

# Lint
bundle exec rake lint

# Run a flavored test
bundle exec rake ci:run[apache]

統合

すべての小切手はIntegrations Coreレポに移されました。 関連する問題やPRを提出したり、最新の変更を確認したりしてください。

テスト

テストの記述方法と実行方法の詳細

エージェントの設定方法

Linuxでパッケージを使用している場合、メインの設定ファイルは/etc/dd-agent/datadog.confます。 チェックごとの設定ファイルは/etc/dd-agent/conf.dます。 テンプレートとして使用できる同じディレクトリに例を示します。

あなた自身の小切手を書く方法

独自のチェックを書くことは、私たちのchecks.dインターフェースを使って簡単です。 エージェントチェックの手引きでそれを使用する方法の詳細をお読みください。

貢献者

git log --all | grep 'Author' | sort -u







-DataDog
-, , , , , , ,

執筆者: