GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

divmain

GitSavvy – 完全なgitとGitHubとSublime Text 3の統合

投稿日:

完全なgitとGitHubとSublime Text 3の統合

GitSavvy

次の機能を提供するSublime Text 3プラグイン:

  • 基本的なGitの機能。 initaddcommitamendcheckoutpullpushなど
  • 変更されたハンク間の迅速なナビゲーションや、ファイルを塊や行単位でステージングする機能(SourceTree、GitXなどから盗まれた機能)
  • GitHubの統合
    • 発行/共同編集者がコミットするときに参照する
    • 選択した行のGitHub上の現在のファイルを開く
  • ハンクメタデータを表示し、変更を行ったコミットを表示する能力を示すGitHubスタイルの非難のビュー
  • git diffビューを使用して、すべてのファイルにわたってユーザーがハンズを展開できるようにする
  • ステータス、ブランチ、タグ、およびリベースのダッシュボード

注意: GitSavvyは1.9.0以上のGitバージョンのみをサポートしています。

注:崇高なテキスト2はサポートされていません。 また、GitSavvyは、以前のST3リリースにバグを持つST3の特定の機能を利用しています。 最高の経験を得るには、最新のST3開発環境を使用してください。

ドキュメンテーション

機能のドキュメントはここにあります また、コマンドパレットを開き、 GitSavvy: helpと入力して、Sublime内からアクセスすることもできます。

ハイライト

インライン差分 ステータスダッシュボード
(Un)ステージに戻し、個々の線やハンクを元に戻します。 プロジェクトの状態を操作するためのアクションを提供します。
ブランチダッシュボード タグのダッシュボード
ローカルおよびリモートブランチを表示および操作します。 ローカルタグとリモートタグを表示および操作します。
Githubの統合 Rebaseダッシュボード
コミットの参照問題と共同作業者 ブラウザでGitHub上のファイルを開き、行をあらかじめ選択します。 スクワッシュ、編集、移動、リベース、アンドゥ、リドゥ。

インストール

シンプル

  1. Sublime Text Package Controlプラグインをまだインストールしていない場合は、インストールしてください。
  2. コマンドパレットを開き、 Package Control: Install Packageを開始します。
  3. GitSavvy入力しGitSavvy

注: 64ビットWindowsを使用している場合は、Gitバイナリへのパスが期待どおりにならないことがあります。 この設定でGitSavvyが正しく動作しない場合は、設定で使用しているGitパスを確認してください。

単純ではありません

プルダウンしたものをもっとコントロールしたい場合や、GitSavvyに変更を提出する場合は、リポジトリを直接プルダウンしてエディタを再起動する必要があります。

# on a Mac
cd "$HOME/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages"
# on Linux
cd $HOME/.config/sublime-text-3/Packages
# on Windows (PowerShell)
cd "$env:appdata\Sublime Text 3\Packages\"

git clone git@github.com:divmain/GitSavvy.git

# Package Control need to be installed https://packagecontrol.io/installation
# install dependencies from command line
subl --command 'satisfy_dependencies'
# or open Command Palette and run 'Package Control: Satisfy Dependencies'







-divmain

執筆者: