GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

evilsocket

bleah – 「スマート」デバイスのハッキング用のBLEスキャナ

投稿日:

「スマート」デバイスのハッキング用のBLEスキャナ。

ブライ

遅延デバイスがハックするのは簡単であるはずなので、使いやすいbluepyライブラリに基づいた “スマート”デバイスのハッキング用のBLEスキャナ。 説明的な投稿とスクリーンショットがここにあります

インストールする方法

ソースからbluepyをインストールする:

git clone https://github.com/IanHarvey/bluepy.git
cd bluepy
python setup.py build
sudo python setup.py install

次に、 bleahインストールしbleah

git clone https://github.com/evilsocket/bleah.git
cd bleah
python setup.py build
sudo python setup.py install

使用法

-hヘルプメニューから:

usage: bleah [-h] [-i HCI] [-t TIMEOUT] [-s SENSITIVITY] [-b MAC] [-f] [-e] [-u UUID] [-d DATA] [-r DATAFILE]

optional arguments:
  -h, --help            show this help message and exit
  -i HCI, --hci HCI     HCI device index.
  -t TIMEOUT, --timeout TIMEOUT
                        Scan delay, 0 for continuous scanning.
  -s SENSITIVITY, --sensitivity SENSITIVITY
                        dBm threshold.
  -b MAC, --mac MAC     Filter by device address.
  -f, --force           Try to connect even if the device doesn't allow to.
  -e, --enumerate       Connect to available devices and perform services
                        enumeration.
  -u UUID, --uuid UUID  Write data to this characteristic UUID (requires --mac
                        and --data).
  -d DATA, --data DATA  Data to be written.
  -r DATAFILE, --datafile DATAFILE
                        Read data to be written from this file.

BTLEデバイスのスキャンを続ける:

sudo bleah -t0

特定のデバイスに接続し、すべてのものを列挙する:

sudo bleah -b "aa:bb:cc:dd:ee:ff" -e

デバイスの特定の特性にバイトhello worldを書き込みます。

sudo bleah -b "aa:bb:cc:dd:ee:ff" -u "c7d25540-31dd-11e2-81c1-0800200c9a66" -d "hello world"

ライセンス

bleahはGPL 3.0ライセンスの下でリリースされ、Simoneのevilsocket ‘Margaritelliのコピーレフトです







-evilsocket
-

執筆者:

evilsocket

bleah – 「スマート」デバイスのハッキング用のBLEスキャナ

投稿日:

(さらに…)







-evilsocket
-

執筆者: