GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

felixonmars

dnsmasq-china-list – お気に入りのDNSサーバーを改善する中国固有の構成。 chnroutesのベストパートナー

投稿日:

お気に入りのDNSサーバーを改善する中国固有の構成。 chnroutesのベストパートナー。

dnsmasq-china-list

お気に入りのDNSサーバーを改善する中国固有の構成。 chnroutesのベストパートナー。

  • 中国語ドメインの解決速度を向上させます。

  • 可能であれば、最善のCDNノードを手に入れましょう。しかし、外来CDNの結果を妥協しないで、同時にあなたのVPNのための最良のCDNノードを得ることができます。

  • NXDOMAIN結果にISP広告をブロックする(114soなど)

詳細

  • accelerated-domains.china.conf :加速される一般的なドメイン。

    これらのドメインは、中国のDNSサーバーを使用した場合、より優れた解決速度と結果をもたらします。

    ドメインが適格かどうかを判断するには、以下の基準の1つが満たされている必要があります。

  • ドメインのNSサーバーは中国本土にあります。

  • ドメインは、中国のDNSサーバーを使用している場合は中国本土にあるIPに解決されますが、外国のDNSサーバーを使用している場合常にそうであると限りません(たとえば、中国にノードを持つCDN加速サイト)。 ただし、日本、香港、台湾など、中国本土の近くにノードを持つもの含まれませ

トップドメインが既にリストにある場合は、サブドメインを追加しないでください。 これには、すでに/cn/ルールで一致しているすべての.cnドメインが含まれます。

  • google.china.conf :加速されるGoogleドメイン。

    これらのドメインは、中国のDNSを使用している場合、Google Chinaサーバーに解決されます。 ほとんどの場合、これにより、GoogleのWebサービス(Google WebフォントやAdSenseなど)を使用するサイトのページ読み込み時間が向上します。

    彼らは安定しているとみなされないことに留意してください。 自己責任で使用してください

  • apple.china.conf :加速されるAppleドメイン。

    一部のISP(しばしば小規模なISP)は、中国本土のCDNサーバーを使用してAppleの資産にアクセスする際に問題を抱えています。 あなたに起こる場合は、このファイルを削除することを検討してください。 詳細については、#156を参照してください。

  • bogus-nxdomain.china.conf :DNSサーバから返されたNXDOMAIN結果を乗っ取っている既知のアドレス。

使用法

自動インストール(推奨)

  1. インストーラをgithub(またはミラー)から取り出しwget https://raw.githubusercontent.com/felixonmars/dnsmasq-china-list/master/install.shwget https://raw.githubusercontent.com/felixonmars/dnsmasq-china-list/master/install.sh
  2. (オプション)お気に入りのDNSサーバや別のミラーを使用してリストをダウンロードするように編集します。
  3. rootとして実行してください: sudo ./install.sh

インストーラを保存して再度実行すると、定期的にリストを更新できます。

手動インストール

  1. /etc/dnsmasq.d/の下にaccelerated-domains.china.conf、bogus-nxdomain.china.conf(および必要に応じてgoogle.china.conf、apple.china.conf)を配置します(存在しない場合はフォルダを作成します)。
  2. /etc/dnsmasq.confの “conf-dir = / etc / dnsmasq.d”のコメントを外します。
  3. (オプション)dnsmasq-update-china-listを/ usr / bin /
  4. (オプション)カスタムDNSサーバーの設定やその他のサービスの設定を行います。
# change the default DNS server to 202.96.128.86
make SERVER=202.96.128.86 dnsmasq
# generate unbound's configuration
make unbound
# generate bind's configuration
make bind

ライセンス

Copyright © 2015 Felix Yan <felixonmars@archlinux.org>
This work is free. You can redistribute it and/or modify it under the
terms of the Do What The Fuck You Want To Public License, Version 2,
as published by Sam Hocevar. See the LICENSE file for more details.







-felixonmars

執筆者: