GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

googlemaps

google-maps-services-python – Google Maps API WebサービスのPythonクライアントライブラリ

投稿日:

Google Maps API WebサービスのPythonクライアントライブラリ

Google MapsサービスのPythonクライアント

説明

Pythonを使用しますか? 何かをジオコード化したいですか? 道順をお探しですか? たぶん方向の行列ですか? このライブラリは、 Google Maps API WebサービスをPythonアプリケーションに提供します。

Google Maps Services用のPythonクライアントは、次のGoogle Maps API用のPythonクライアントライブラリです。

このライブラリを使用してアクセスする場合、APIの使用にも同じ条件が適用されます。

サポート

このライブラリはコミュニティでサポートされています。 私たちはライブラリの安定性と機能を十分に理解していますので、実際の本番アプリケーションを構築することができます。 私たちは、スタックオーバーフローを介して、図書館の公開された保護された面をサポートし、将来的に下位互換性を維持しようとします。 しかし、ライブラリはバージョン0.xになっていますが、我々は後方互換性のない変更を行う権利を留保しています。 いくつかの機能を削除した場合(通常、機能がより優れているか、機能が実行不可能であることが判明したため)、開発者にコードを更新する年を与えることを諦めています。

バグを見つけた場合や機能の提案がある場合は、問題記録してください。 貢献したい場合は、「寄付する方法」をお読みください。

要件

  • Python 2.7以降。
  • Google Maps APIキー。

APIキー

各GoogleマップWebサービスリクエストには、APIキーまたはクライアントIDが必要です。 APIキーはhttps://developers.google.com/consoleで Googleアカウントで自由に利用できます 必要なAPIキーのタイプはServerキーです。

APIキーを取得するには:

  1. https://developers.google.com/consoleにアクセスし、Googleアカウントでログインします
  2. 既存のプロジェクトの1つを選択するか、新しいプロジェクトを作成します。
  3. 使用するAPIを有効にします。 Google Maps ServicesのPythonクライアントは、次のAPIにアクセスします。
    • Directions API
    • 距離行列API
    • Elevation API
    • ジオコーディングAPI
    • ジオロケーションAPI
    • Places API
    • 道路API
    • タイムゾーンAPI
  4. 新しいサーバーキーを作成します
  5. リクエストを特定のIPアドレスに限定したい場合は、今すぐリクエストしてください。

ガイド付きヘルプについては、 Directions APIの手順に従ってください。 APIキーは1つだけ必要ですが、必要なすべてのAPIを有効にしてください。 さらに詳しい情報については、 APIキーのガイドを参照してください。

重要:このキーは、サーバー上で秘密にしておく必要があります。

インストール

$ pip install -U googlemaps

接続/読み取りタイムアウトを指定する場合は、2.4.0以上のリクエストが必要です。

開発者向けドキュメント

リファレンスドキュメントを表示する

含まれているウェブサービスに関する追加のドキュメントはhttps://developers.google.com/maps/から入手できます

使用法

この例では、 ジオコーディングAPIDirections APIをAPIキーで使用しています。

import googlemaps
from datetime import datetime

gmaps = googlemaps.Client(key='Add Your Key here')

# Geocoding an address
geocode_result = gmaps.geocode('1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA')

# Look up an address with reverse geocoding
reverse_geocode_result = gmaps.reverse_geocode((40.714224, -73.961452))

# Request directions via public transit
now = datetime.now()
directions_result = gmaps.directions("Sydney Town Hall",
                                     "Parramatta, NSW",
                                     mode="transit",
                                     departure_time=now)

以下は同じ例です。クライアントIDとクライアントシークレット(デジタル署名)を使用して認証します。 このコードでは、以前にclient_idおよびclient_secret変数に適切な値をロードしていることを前提としています。

client_secret (デジタル署名)を生成する方法については、使用しているAPIのドキュメントを参照してください。 たとえば、 Directions APIのガイドをご覧ください。

gmaps = googlemaps.Client(client_id=client_id, client_secret=client_secret)

# Geocoding and address
geocode_result = gmaps.geocode('1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA')

# Look up an address with reverse geocoding
reverse_geocode_result = gmaps.reverse_geocode((40.714224, -73.961452))

# Request directions via public transit
now = datetime.now()
directions_result = gmaps.directions("Sydney Town Hall",
                                     "Parramatta, NSW",
                                     mode="transit",
                                     departure_time=now)

より多くの使用例については、テストをチェックしください。

特徴

失敗時に再試行

断続的な障害が発生すると、自動的に再試行します。 つまり、再試行可能な5xxエラーのいずれかがAPIから返されたときです。

クライアントID

GoogleマップAPIプレミアムプランのお客様は、APIキーではなく、 クライアントIDとシークレットを使用して認証することができます。

プロジェクトの構築

# Installing tox
$ pip install tox

# Running tests
$ tox

# Generating documentation
$ tox -e docs

# Uploading a new release
$ easy_install wheel twine
$ python setup.py sdist bdist_wheel
$ twine upload dist/*

# Copy docs to gh-pages
$ tox -e docs && mv docs/_build/html generated_docs && git clean -Xdi && git checkout gh-pages







-googlemaps

執筆者:


  1. […] Direction APIを使用したPythonコードは以下を参照させて頂きました  https://www.youtube.com/watch?v=UrrWxyq1Z48  https://githubja.com/googlemaps/google-maps-services-python […]

関連記事

関連記事はありませんでした