GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

graphql-python

graphene-django – Graphene Django統合 //docs.graphene-python.org/proje…

投稿日:

Graphene Django統合 http: //docs.graphene-python.org/proje…

Graphene 2.0にアップグレードする方法については、 UPGRADE-v2.0.md参照してください。


グラフェン – ジャンゴ

Grapheneの Django統合。

インストール

グラフェンをインストールするには、シェルでこのコマンドを実行するだけです

pip install "graphene-django>=2.0"

設定

INSTALLED_APPS = (
    # ...
    'graphene_django',
)

GRAPHENE = {
    'SCHEMA': 'app.schema.schema' # Where your Graphene schema lives
}

URL

私たちはDjangoアプリケーションにGraphQLエンドポイントを設定する必要があります。そのため、我々はクエリを提供することができます。

from django.conf.urls import url
from graphene_django.views import GraphQLView

urlpatterns = [
    # ...
    url(r'^graphql', GraphQLView.as_view(graphiql=True)),
]

ここには簡単なDjangoモデルがあります:

from django.db import models

class UserModel(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=100)
    last_name = models.CharField(max_length=100)

GraphQLスキーマを作成するには、次のように記述するだけです。

from graphene_django import DjangoObjectType
import graphene

class User(DjangoObjectType):
    class Meta:
        model = UserModel

class Query(graphene.ObjectType):
    users = graphene.List(User)

    def resolve_users(self, info):
        return UserModel.objects.all()

schema = graphene.Schema(query=Query)

次に、スキーマに問い合わせるだけです。

query = '''
    query {
      users {
        name,
        lastName
      }
    }
'''
result = schema.execute(query)

以下の例をさらに詳しく調べるには:

貢献する

このリポジトリをクローンした後、次のコマンドを実行して依存関係がインストールされていることを確認します。

pip install -e ".[test]"

開発後、以下のコマンドを実行することで、完全なテストスイートを評価することができます。

py.test graphene_django --cov=graphene_django # Use -v -s for verbose mode

ドキュメンテーション

ドキュメントは、優れたSphinxとカスタムテーマを使用して生成されます。

ドキュメントの依存関係は、次のコマンドを実行してインストールします。

cd docs
pip install -r requirements.txt

次に、HTML版のドキュメントを作成します。

make html







-graphql-python
-, , ,

執筆者: