GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

Guake

guake – GNOME ドロップダウンターミナル

投稿日:

GNOME http://guake-project.orgの ドロップダウンターミナル

Guake 3 README

前書き

GuakeはGNOMEデスクトップ環境向けに作られたドロップダウンターミナルです。 GuakeのスタイルはFPSゲームに基づいており、その目的の1つは簡単に到達できることです。

リクエスト機能

FeatHubの機能に投票してください。 GitHubの未解決の問題は、バグ報告のみです。

Guakeの最も要求の高い機能リスト:

ギーク3港

Guakeは@aichingmの巨大な仕事のおかげで、最近Gtk3に移植されました。 GTK2に依存している古いリリースとコードは0.8.xブランチに置かれ、 もはや積極的に管理されなくなります。

主に、Ubuntu LTS(現在:Ubuntu 16.04 LTS and 17.10)などの一般的な流通でデフォルトで見つかったGTKとVTEのバージョンをサポートすることを目標にしています。

GuakeはPython 3.5+にも移植されています。

Guake 0.8.xから機能を削除

  • --bgimg (このオプションはvteから削除されました)

依存関係

Guakeの実行の依存関係は次のとおりです。

  • GTK:3.18
  • VTE:2.91( vt-0.42
  • gir1.2-keybinder-3.0
  • gir1.2-notify-0.7
  • gir1.2-vte-2.91
  • libkeybinder3
  • python3-cairo
  • python3-dbus
  • python3-gi
  • python3-pbr

オプションの依存関係:

  • libutempter0
  • numix-gtk-theme

ギーク3特集

  • 軽量
  • 簡単でエレガントな
  • GUIへの端末のスムーズな統合
  • あらかじめ定義されたホットキー(デフォルトではF12)を押して電話をして消えると表示されます。
  • Compizの透過性サポート
  • マルチタブ
  • たくさんのカラーパレット
  • ファイル名をクリックして、好きなテキストエディタでクイックを開く(行番号をサポート)
  • タブアクセス、再編成、背景透明度、フォントサイズ、カスタマイズ可能なホットキー
  • 非常に設定可能な
  • Guakeの起動時にbashスクリプトを実行してGuakeの起動を設定する
  • マルチモニタのサポート(特定のモニタで開く、マウスモニタで開く)
  • 端末のコンテンツをファイルに保存する
  • ブラウザのURLを開きます

バグ? 情報?

ソースコード: https : //github.com/Guake/guake/

公式ホームページ: http : //guake-project.org

重要な注意 :ドメインguake.orgは、チーム外の誰かによって登録されているドメインを使用しないでください。 私たちは、そのWebサイトのコンテンツに責任を負うことはできません。

ライセンス

このプログラムはフリーソフトウェアです。 フリーソフトウェア財団が公表したGNU一般公衆利用許諾契約書の条件に基づいて、それを再配布および/または改変することができます。 ライセンスのバージョン2または(オプションで)それ以降のバージョン。

このプログラムは有用であることを期待して配布されていますが、いかなる保証もありません。 商品性または特定目的への適合性の暗黙の保証さえも含みません。 詳細については、GNU General Public Licenseを参照してください。

このプログラムと共にGNU General Public Licenseのコピーを受け取ったはずです。 そうでない場合は、米国、マサチューセッツ州02110-1301ボストンの5Fフロリダンストリート51フリーソフトウェア財団にお問い合わせください。

システム全体のインストール

常にパッケージマネージャを使用してguakeをインストールすることをお勧めします。

Ubuntuユーザーはsudo apt install guakeを使用します。

これらのソースからGuakeを本当にインストールしたい場合は、以下を使用してください:

$ make
$ sudo make install

アンインストールするには、まだソースディレクトリにある:

$ make
$ sudo make uninstall

Guakeを完全に再インストールするためのヒント:

$ sudo make uninstall && make && sudo make install

メンテナーのための注意

GuakeはGuake 3を使ってビルドシステムを大幅に変更しました。それに合わせてすべての統合スクリプトを修正する必要があります。

GuakeはPythonの依存関係を保存するためにPipfileを使用します(PyGTK3などのシステム依存関係を除く)。 これはpipenv CLIツールによって維持され、使用されます。 これは、requirements.txtを使用するより高度なシステムですが、このファイルは、私が開発したツールpipenv_to_requirements(makefile target make)によって、後方互換性のために生成されます(例えば、ReadTheDocsはrequirements.txtのみをサポートします)要件)。 requirements.txt(実行依存関係)とrequirements-dev.txt(ビルド、チェック、テストのみ)を生成します。 その後、Guakeは古典的な、canon Pythonパッケージ(setup.py、ビルドパッケージ、…)を使用しています。

しかし、それはシステムライブラリを必要とするので、virtualenv内で分離して作業することはできません。 あなたがmake devで使用されるvirtualenvに近づくと、 makeを実行すると、pew toggleglobalsiteパッケージを使用してシステムライブラリを使用するように設定されていることがわかります。

何らかの理由でpipenvがあなたのプラットフォームで動作しない場合は、これらの要件ファイルからguakeをインストールすることはできますが、依存関係宣言の究極の真実はPipfileです。

gaetan [at] xeberon.netで私に連絡することをためらってはいけません。

手動キーバインディング

libkeybinder3が機能しないシステムなどで、手動でguakeを起動したい場合は、次のスニペットをウィンドウマネージャに登録できます

dbus-send --type=method_call --dest=org.guake3.RemoteControl \
    /org/guake3/RemoteControl org.guake3.RemoteControl.show_hide

よりシンプルに使うことができます

guake -t

しかし、それは最終的に非常に同じD-Busメッセージを送信するので遅くなります。

ウェイランドに関する注記

Waylandアプリや空のデスクトップに焦点を当てたときにGuakeが開かないという報告がいくつかあります。 この問題は、Ubuntu 17.10 LTS、Fedora 26、Fedora 27で報告されています。詳細は、Issue#1041を参照してください。

回避策は、上記の手動キーバインディングの設定です。 たとえば、Fedora 26では、これは、 [設定]> [キーボード]に移動し、 guake -tを実行するための新しいカスタムショートカットを追加することで実現できます。

貢献する

まず、あなたのシステムでGTKとGObjectが動作するPython 3のバージョンを使用してください。 例えば、Ubuntu 17.04の下では、デフォルトのPython 3インタプリタがPython 3.6に強制されていると、PyGtkとpython3-giはうまく動作しません。

オペレーティングシステム| 推奨されるPythonバージョン|
—————– | ————————– |
Ubuntu 14.04 LTS | Python 3.4(未テスト)|
Ubuntu 16.04 LTS | Python 3.5(テスト済み)|
Ubuntu 17.04 | Python 3.5(テスト済み)|
Ubuntu 17.10 | Python 3.6 |

システム依存関係をインストールする

Ubuntu

必要なすべてのシステム依存関係をブートストラップするには、次のコマンドを実行します。

$ ./bootstrap-dev-debian.sh

セットアップ開発環境

システムの依存関係をインストールし、次のコマンドを使用します。

$ make dev
$ sudo make install-schemas  # still required even for local execution

PYTHON_INTERPRETER変数を使用してインタプリタのバージョンを強制することができます:

$ make dev PYTHON_INTERPRETER=python3.6

guakeのローカル実行(システム全体のインストールなし):

$ make run

ジットフック

提出前にあなたのパッチを美しくしたい場合は、このgitフックをインストールしてください:

$ make setup-githook

コードを検証する

不正な形のパッチを拒否するために、pep8とpylintが自動的にtravisで実行されるように、私たちは厳密にコードスタイリングを行っています。 すべてのpythonファイルを検証するには、次のコマンドを使用してください:

$ make style  # fix the style of python files
$ make check  # static code analysis
$ make test   # unit test campaign
$ make dists  # make distribution packages

翻訳を更新する

すべての翻訳ファイルを更新する:

$ make update-po

翻訳ファイルをインストールします。

$ sudo make install-locale

poeditような好きなpoエディタを使いましょpoedit

アップデートニュース

次のコマンドを使用してNEWSファイルを更新します。

make release-note-news

ChangeLogファイルは維持されず、代わりに配布パッケージを構築するときにPBRによって自動的に生成されます。

ChangeLogファイルも同じです。

ヴァーニング

バージョン管理はgitタグを使って自動的に行われます。 semverタグがプッシュされると、PBRによって新しいバージョンが自動的に作成されます。

トラビスビルド

Travisは自動的にプルリクエストがコンパイルされていることをチェックし、コードスタイルをチェックします。

マスターブランチのステータス: https : //travis-ci.org/Guake/guake.png? branch = master







-Guake

執筆者: