GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

jrief

django-angular – AngularJSがDjangoとうまくやってみましょう

投稿日:

AngularJSがDjangoとうまくやってみましょう http://django-angular.awesto.com/

ジャンゴ角

DjangoがAngularJSでうまく動くようにする

最新ニュース

2017-11-17 django-angularバージョン2.0がリリースされました。

後方の非互換性

djangorestframeworkなどの他のライブラリに準拠するために、拒否されたフォームのサーバー側の応答は、エラーコード422(200ではなく)を使用します。 下流のエラーを伝えるために使用されるJSON形式が少し変更されました。

新機能

スムーズな移行パスのために、 django-angularはバージョン2.0で2つのディレクティブを追加しました:

フォームデータをサーバーにアップロードするために使用できる<form djng-endpoint="/path/to/endpoint">...</form> また、サーバーが一部のデータを拒否した場合に備えて、エラーフィールドに値が設定されます。

<djng-forms-set endpoint="/path/to/endpoint"><form ...>...</form>...</djng-forms-set>上記のディレクティブに似ていますが、次のディレクティブとは<djng-forms-set endpoint="/path/to/endpoint"><form ...>...</form>...</djng-forms-set> 1つの単一フォームを検証すると、1つの共有エンドポイントを使用して一連のフォームを検証します。

プロミスチェーンが導入されました。 フォームデータを送信して別のものを処理するために使用されるボタンは、次のように記述できます。

<button ng-click="do(update()).then(redirectTo('/path/to/other/page'))">Label</button>

ドキュメンテーション

ReadTheDocsに関する詳細なドキュメント。

DjangoとAngularのフォーム検証を組み合わせる方法についてのデモ

このプロジェクトを使用する場合は、どこに行をドロップしてください。

特徴

  • AngularJSコントローラとDjangoフォームのシームレスな統合
  • AngularJSを使用したDjangoフォームのクライアント側フォーム検証。
  • AngularJSコントローラがDjangoビューでメソッドを呼び出せます.Javascript RPCのようなものです。
  • 静的コントローラファイルのDjango URLを管理する。
  • AngularJSモデルとサーバー側メッセージキューを接続するための3方向データバインディング
  • 基本的なCRUD操作を実行します。

今後の計画

django-angularの次の大きな変更は、Angular2 / 4/5のサポートを追加することです。 しかし、私はAngularの今後のロードマップについてはまだ分かりませんが、現在私はそうするためのリソースがありません。

最新の変更点

2.0(2017-11-17)

2.0

  • 他のフレームワークに準拠するために、無効なフォーム送信からのAjaxレスポンスは、 HttpResponse (ステータス200)ではなくHttpResponseBadRequest (ステータスコード422)で応答するようになりました。 これには、フォームデータを送信して、フォームレスポンスビューとJavaScriptファイルのレスポンスハンドラを採用する必要があります。
  • フォームデータをサーバーにアップロードするためのカスタマイズされたコントローラーを追加する必要はありません。 代わりに、ディレクティブdjng-endpoint="/path/to/endpoint"をフォームに追加し、アクションイベントを使用してフォームのコンテンツを送信します。
  • 新しいAngularJSディレクティブdjng-forms-setdjng-forms-setを検証して提出するために使用できます。
  • button要素に対するAngularJS命令。フォーム提出の一連のアクション・プロミスを作成するために使用できます。
  • $http(...).success(...)廃止予定のオカレンスを$http(...).then(...)置き換えることで、AngularJSバージョン1.6のサポートを追加し$http(...).then(...)
  • Sekizaiのmodule_listmodule_configは非難され、削除されます。Sekizaiのtemplatetag with_dataを使用して同じ結果を達成する方が簡単だからwith_data
  • ラジオ入力フィールドでは、DjNgディレクティブのvalidate-multiple-fieldsは必要ありません。

ライセンス

著作権©2017

MITライセンス







-jrief

執筆者: