GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

nicolargo

glances – あなたのシステムに目を引く。 トップ/ htopの代替

投稿日:

あなたのシステムに目を引く。 トップ/ htopの代替。 http://nicolargo.github.io/glances/

一瞥 – あなたのシステムの目線

TwitterのGlancesに従ってください: @nicolargo

概要

Glancesは、クロスプラットフォームの監視ツールであり、cursesまたはWebベースのインターフェイスを通じて最小限のスペースに最大限の情報を表示することを目指しています。 ユーザーインターフェイスのサイズに応じて表示される情報を動的に適応させることができます。

クライアント/サーバモードでも動作します。 リモート監視は、端末、Webインタフェース、API(XML-RPCとRESTful)を介して行うことができます。 統計は、ファイルまたは外部時刻/値データベースにエクスポートすることもできます。

GlanceはPythonで書かれており、ライブラリを使ってシステムから情報を取得します。 開発者が新しいプラグインを追加したり、モジュールをエクスポートしたりできるオープンアーキテクチャに基づいています。

要件

  • python 2.7,>=3.3
  • psutil>=2.0.0 (最新版でより良い)

オプションの依存関係:

  • bernhard (Riemannエクスポートモジュール用)
  • bottle (Webサーバーモード用)
  • cassandra-driver (Cassandraエクスポートモジュール用)
  • couchdb (CouchDBエクスポートモジュール用)
  • docker (ドッカー監視サポート用)[Linuxのみ]
  • elasticsearch (Elastic Searchエクスポートモジュール用)
  • hddtemp (HDD温度監視サポート用)[Linuxのみ]
  • influxdb (InfluxDBエクスポートモジュールの場合)
  • kafka-python (Kafkaエクスポートモジュール用)
  • matplotlib (グラフィカル/チャートサポート用)
  • netifaces (IPプラグイン用)
  • nvidia-ml-py3 (GPUプラグイン用)
  • pika (RabbitMQ / ActiveMQエクスポートモジュール用)
  • potsdb (OpenTSDBエクスポートモジュール用)
  • prometheus_client (Prometheusエクスポートモジュール用)
  • py-cpuinfo (Quicklook CPU情報モジュール用)
  • pymdstat (RAIDサポート用)[Linuxのみ]
  • pysnmp (SNMPサポート用)
  • pystache (アクションスクリプト機能用)
  • pyzmq (ZeroMQエクスポートモジュール用)
  • requests (ポート、クラウドプラグイン、Restfulエクスポートモジュール用)
  • scandir (Foldersプラグインの場合)[Pythonの場合のみ<3.5]
  • statsd (StatsDエクスポートモジュール用)
  • wifi (wifiプラグイン用)[Linuxのみ]
  • zeroconf (自動検出モードの場合)

Python 2.6ユーザーのための注意

バージョン2.7以降、GlanceはPython 2.6をサポートしなくなりました。 少なくともPython 2.7 / 3.3 +にアップグレードするか、Glance 2.6.2(Python 2.6をサポートする最新バージョン)にダウングレードしてください。

CentOS Linux 6および7ユーザーのための注意

Python 2.7,3.3、および3.4​​が、SCLを介して利用できるようになりました。 参照: https : //lists.centos.org/pipermail/centos-announce/2015-12/12/021555.html

インストール

あなたのシステムにGlanceをテスト/インストールするためのいくつかの方法。 あなたの武器を選択 !

Glance Auto Installスクリプト:全体の方法

依存関係と最新のGlanceプロダクションレディバージョン(別名masterブランチ)をインストールするには、次のコマンドラインを入力してください:

curl -L https://bit.ly/glances | /bin/bash

または

wget -O- https://bit.ly/glances | /bin/bash

:一部のGNU / Linuxディストリビューションでのみサポートされています。 他のディストリビューションをサポートしたい場合は、 glancesautoinstallに貢献してください

PyPI:簡単な方法

GlanceはPyPIます。 PyPIを使用することで、最新の安定版を確実に入手できます。

インストールするには、単にpip使用してください:

pip install glances

psutilをインストールするにはPythonヘッダーが必要です。 たとえば、Debian / Ubuntuではまずpython-devパッケージをインストールする必要があります。 Fedora / CentOS / RHELの場合、最初にpython-develパッケージをインストールしてください。 Windowsの場合は、バイナリインストールファイルからpsutilをインストールするだけです。

注2(Wifiプラグインの場合Wifiプラグインを使用する場合は、システムにワイヤレスツールパッケージをインストールする必要があります。

また、オプション機能(Webインターフェイス、エクスポートモジュールなど)を使用するために、以下のライブラリをインストールすることもできます。

pip install glances[action,browser,cloud,cpuinfo,chart,docker,export,folders,gpu,ip,raid,snmp,web,wifi]

Glanceを最新バージョンにアップグレードするには:

pip install --upgrade glances
pip install --upgrade glances[...]

Glanceを特定のユーザの場所にインストールする必要がある場合は、次のコマンドを使用します。

export PYTHONUSERBASE=~/mylocalpath
pip install --user glances

ドッカー:面白い方法

Glainsコンテナが利用可能です。 最新のHEADバージョンを含む予定です。 あなたはあなたのサーバーとあなたの他のすべてのコンテナを監視するためにそれを使うことができます!

Glainsコンテナを入手する:

docker pull nicolargo/glances

コンソールモードでコンテナを実行します

docker run --rm -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro --pid host --network host -it docker.io/nicolargo/glances

さらに、独自のglances.confファイルを使用する場合は、独自のDockerfileを作成することもできます。

FROM nicolargo/glances
COPY glances.conf /glances/conf/glances.conf
CMD python -m glances -C /glances/conf/glances.conf $GLANCES_OPT

代わりに、ドッカーの実行オプションで同じ行に何かを指定することもできます:

docker run -v ./glances.conf:/glances/conf/glances.conf -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro --pid host -it docker.io/nicolargo/glances

./glances.confは、glances.confファイルを含むローカルディレクトリです。

Webサーバモードでコンテナを実行します (glances startupコマンドの環境変数GLANCES_OPT設定パラメータに注意してください)。

docker run -d --restart="always" -p 61208-61209:61208-61209 -e GLANCES_OPT="-w" -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock:ro --pid host docker.io/nicolargo/glances

GNU / Linux

Glanceは多くのLinuxディストリビューションで利用できるので、あなたが好きなパッケージマネージャを使ってインストールできるはずです。 Glanceはこの方法を使用する最新のものではないことに注意してください。

FreeBSD

バイナリパッケージをインストールするには:

# pkg install py27-glances

ポートからGlanceをインストールするには:

# cd /usr/ports/sysutils/py-glances/
# make install clean

マックOS

macOSユーザはHomebrewMacPortsを使ってGlanceをインストールできます。

自作

$ brew install glances

MacPorts

$ sudo port install glances

Windows

Python for Windowsをインストールして(Python 2.7.9以降と3.4+ pipと一緒に出荷)、次にちょうど:

$ pip install glances

アンドロイド

ルートデバイスとTermuxアプリケーション(Googleストアで利用可能)が必要です。

デバイスでTermuxを起動し、次のように入力します。

$ apt update
$ apt upgrade
$ apt install clang python python-dev
$ pip install bottle
$ pip install glances

そして視線を開始する:

$ glances

また、サーバーモード(-sまたは-w)でGlanceを実行して、Androidデバイスを遠隔監視することもできます。

ソース

ソースからGlanceをインストールするには:

$ wget https://github.com/nicolargo/glances/archive/vX.Y.tar.gz -O - | tar xz
$ cd glances-*
# python setup.py install

:psutilをインストールするにはPythonヘッダーが必要です。

シェフ

あなたのインフラストラクチャを監視するための素晴らしいChef料理書があります: https ://supermarket.chef.io/cookbooks/glances(Antoine Rouyerのおかげで)

人形

Puppetを使ってGlanceをインストールすることができますhttps : //github.com/rverchere/puppet-glances

使用法

スタンドアロンモードの場合は、次のコマンドを実行します。

$ glances

Webサーバー・モードの場合は、次のコマンドを実行します。

$ glances -w

お気に入りのWebブラウザにURL http://<ip>:61208します。

クライアント/サーバーモードの場合は、次のコマンドを実行します。

$ glances -s

サーバー側で次のコマンドを実行します。

$ glances -c <ip>

クライアント側で

ネットワーク上で利用可能な、または設定ファイルで定義されているすべてのGlanceサーバを検出して表示することもできます:

$ glances --browser

とRTFM、常に。

ドキュメンテーション

完全なドキュメントについては、 readthedocsの Webサイトをご覧ください。

質問があれば(RTFMの後に)公式のQ&A フォーラムに投稿してください

他のサービスへのゲートウェイ

InfluxDBCSVファイル、 JSONファイル、 InfluxDBCassandraCouchDBOpenTSDBPrometheusStatsDElasticSearchRabbitMQ/ActiveMQZeroMQKafkaRiemannおよびRestfulサーバーに統計情報をエクスポートできます。

貢献する方法?

Glanceプロジェクトに貢献したい場合は、このwikiページを読んでください。

Glance開発者専用のチャットもあります:

著者

ニコラス・ヘニオン(ニコラゴ)< nicolas@nicolargo.com >

ライセンス

LGPLv3。 詳細については、 COPYINGを参照してください。







-nicolargo
-, , , , , , ,

執筆者: