GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

python

cpython – Pythonプログラミング言語

投稿日:

Pythonプログラミング言語 https://www.python.org/

これはPythonバージョン3.8.0 alpha 0です

著作権(c)2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年、2008年、2009年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年 全著作権所有。

さらに著作権とライセンスの情報については、このファイルの最後を参照してください。

一般情報

CPythonに貢献する

CPython開発に貢献するための完全な手順については、「 開発者ガイド」を参照してください。

Pythonの使用

インストール可能なPythonキット、およびPythonの使用に関する情報は、 python.orgで入手できます。

ビルド手順

Unix、Linux、BSD、macOS、およびCygwinの場合:

./configure
make
make test
sudo make install

これはpython3としてPythonをインストールします。

多くのオプションをconfigureスクリプトに渡すことができます。 ./configure --helpを実行して詳細を調べてください。 macOSとCygwinでは、実行ファイルはpython.exeと呼ばれます。 他の場所ではpythonだけです。

macOSでは、Pythonに--enable-frameworkを設定している場合は、 make frameworkinstallを使用してインストールを行う必要があります。 これはPython実行ファイルをPATH上に通常はない場所にインストールすることに注意してください。/ /usr/local/binシンボリックリンクを設定したいかもしれません。

Windowsでは、 PCbuild / readme.txtを参照してください。

必要に応じて、サブディレクトリを作成しそこからconfigureを呼び出すことができます。 例えば:

mkdir debug
cd debug
../configure --with-pydebug
make
make test

(トップレベルのディレクトリでビルドした場合は失敗します。最初にトップレベルでmake cleanを実行する必要があります)。

最適化されたPythonビルドを取得するには、 makeを実行make前にconfigure --enable-optimizations これは、デフォルトのmakeターゲットをProfile Guided Optimization(PGO)を有効にするように設定し、一部のプラットフォームでリンク時間最適化(LTO)を自動有効にするために使用できます。 詳細については、以下のセクションを参照してください。

プロファイルに基づく最適化

PGOは最近のバージョンのGCCまたはClangコンパイラを利用しています。 実行した場合、 make profile-optはいくつかのステップを実行します。

まず、Pythonディレクトリ全体が、以前のコンパイルの原因となった一時ファイルから消去されます。

次に、各フレーバに適切なコンパイラフラグを使用して、インストルメント済みのインタープリタを構築します。 これは単なる中間的なステップであり、プロファイリング命令が内部に埋め込まれているため、このステップが実際のワークロードには適していないためバイナリが得られることに注意してください。

このインストルメント版のインタープリタがビルドされると、Makefileは自動的にトレーニングワークロードを実行します。 これはインタプリタの実行をプロファイルするために必要です。 また、このステップで現れる可能性のあるstdoutとstderrのいずれの出力も抑制されていることに注意してください。

最後に、最後のステップは、前のステップで収集された情報を使用して通訳者を再構築することです。 最終的な結果は、配布またはプロダクションインストールに最適化されたPythonバイナリになります。

リンク時間の最適化

--with-lto--with-ltoフラグで有効になります。 LTOは、最近のコンパイラツールチェーンの機能を活用して、最終的な実行可能ファイルや共有ライブラリをビルドする際にパフォーマンスを向上させるために、任意の.oファイル境界を最適化します。

新着情報

私たちは、 Python 3.8の新機能のドキュメント変更の包括的な概要を持っています。 より詳細な変更ログについては、 Misc / NEWSを参照してください 。ただし、変更の完全なアカウンティングは、 コミット履歴からのみ収集できます。

複数のバージョンのPythonをインストールする場合は、以下の「複数のバージョンのインストール」を参照してください。

ドキュメンテーション

Python 3.8のドキュメントはオンラインで毎日更新されています。

より高速にアクセスできるように、さまざまな形式でダウンロードすることもできます。 ドキュメントは、HTML、PDF、およびreStructuredText形式でダウンロードできます。 後者のバージョンは、主にドキュメント作成者、翻訳者、特別な書式設定要件を持つ人向けです。

Pythonのドキュメントを構築する方法については、 Doc / README.rstを参照してください。

Python 2.xから3.xへの変換

Python 3.0のリリースでは、後方互換性のない大幅な変更が加えられました。これにより、Python 2で書かれたプログラムがPython 3で動作すると失敗する可能性があります。コードをPython 2からPython 3に移植する方法の詳細は、 The Porting HOWTOを参照してください。

テスト

インタプリタをテストするには、最上位ディレクトリにmake testと入力します。 テストセットは出力を生成します。 読み込めないオプション機能のため、スキップされたテストに関するメッセージは無視されます。 テストが失敗した、またはトレースバックまたはコアダンプが生成されたことに関するメッセージが出力された場合は、何か問題があります。

デフォルトでは、ディスクスペースやメモリなどのリソースが過度に使用されることはありません。 これらのテストを有効にするには、 make testall実行make testall

テストに失敗した場合は、失敗したテストを冗長モードで再実行できます。

make test TESTOPTS="-v test_that_failed"

もしあなたの環境ではなく、Pythonに問題が残っているようであれば、 バグレポートを提出し、そのコマンドの関連する出力を含めて問題を表示することができます

複数のバージョンのインストール

UnixとMacシステムでは、同じインストール接頭辞(configureスクリプトに--prefix引数を指定)を使用して複数のバージョンのPythonをインストールする場合は、プライマリpython実行ファイルが異なるバージョンのインストールによって上書きされないように注意する必要があります。 make altinstallを使用しmake altinstallインストールされたすべてのファイルとディレクトリには、メジャーバージョンとマイナーバージョンが含まれているmake altinstallmake altinstallできます。 make installは、 ${prefix}/bin/python3を参照する${prefix}/bin/pythonX.Y ${prefix}/bin/python3も作成します。 同じプレフィックスを使用して複数のバージョンをインストールする場合は、「プライマリ」バージョン(存在する場合)を選択する必要があります。 make installを使用しmake installそのバージョンをmake installます。 make altinstallを使用しmake altinstall 、他のすべてのバージョンをインストールします。

たとえば、Python make altinstall 、および3.8を3.8をプライマリ・バージョンとしてmake installは、3.8ビルド・ディレクトリでmake altinstallし、他のmake altinstallではmake altinstallを実行します。

課題トラッカーとメーリングリスト

バグレポートは大歓迎! 問題トラッカーを使用してバグを報告したり、GitHubでプルリクエスト送信することができます。

また、 python-devメーリングリストの開発の議論に従うこともできます

強化の提案

Pythonを変更する提案がある場合は、comp.lang.pythonまたはpython-ideasメーリングリストに初期フィードバックを求める電子メールを送ることができます。 あなたのアイデアが根強くなったら、Python Enhancement Proposal(PEP)を提出することができます。 新しいPEPを提出するためのガイドラインと同様に、現在のPEPはすべてpython.org/dev/peps/にリストされています

リリーススケジュール

Python 3.8のリリースの詳細については、 PEP 569を参照してください。

著作権およびライセンス情報

著作権(c)2001年、2002年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年、2008年、2009年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年 全著作権所有。

Copyright(c)2000 BeOpen.com。 全著作権所有。

Copyright(c)1995-2001全国研究イニシアチブ株式会社。 全著作権所有。

著作権(c)1991-1995マティマティッシュ・セントラムの染色。 全著作権所有。

このソフトウェアの履歴、使用条件、およびすべての保証の免責事項については、ファイル “LICENSE”を参照してください。

このPythonディストリビューションに GNU General Public License(GPL)コードが含まれていないため、プロプライエタリなプロジェクトで使用することができます。 いくつかのGNUコードへのインタフェースがありますが、これらは完全にオプションです。

ここに記載されたすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。







-python

執筆者: