GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

robotframework

robotframework – 一般的なテスト自動化フレームワーク

投稿日:

一般的なテスト自動化フレームワーク。 http://robotframework.org

ロボットフレームワーク

前書き

Robot Frameworkは受入れテストと受け入れテスト駆動開発(ATDD)のための包括的なオープンソーステスト自動化フレームワークです。 使いやすい表形式のテストデータ構文を持ち、キーワード駆動型のテスト手法を利用しています。 PythonまたはJavaのいずれかで実装されたテストライブラリによってテスト機能を拡張することができ、ユーザはテストケースの作成に使用されているのと同じ構文を使用して既存のものから新しい上位キーワードを作成できます。

ロボットフレームワークはオペレーティングシステムとアプリケーションに依存しません。 コアフレームワークはPythonを使用して実装され、Python 2とPython 3の両方をサポートし、 Jython (JVM)、 IronPython (.NET)、 PyPyでも動作します。 このフレームワークには、さまざまなジェネリックテストライブラリとツールが別々のプロジェクトとして開発され、豊富なエコシステムがあります。 Robot Frameworkとエコシステムの詳細については、 http://robotframework.orgを参照してください。

Robot Frameworkプロジェクトは、 GitHubでホストされいます.GitHubでは、ソースコード、課題トラッカー、その他のドキュメントを見つけることができます。 貢献したい場合はCONTRIBUTING.rstをご覧ください。 ダウンロードは、 Mavenの中央にあるスタンドアロンのJAR配布を除いて、 PyPIでホストされています。

ロボットフレームワークの開発は、 Robot Framework Foundationが主催しています。

インストール

pipをインストールしたPythonを既にお持ちの場合は、次のコマンドを実行してください:

pip install robotframework

また、 PyPIからソース配布をダウンロードして抽出するか、 GitHubからプロジェクトリポジトリをクローンとしてRobot Frameworkのソースコードを入手することもできます その後、次のようにフレームワークをインストールできます。

python setup.py install

Python、Jython、IronPython、PyPyのインストールやgitからのインストールなどの詳しいインストール手順については、 INSTALL.rstを参照してください。

以下は、あるシステムへのログインをテストするための簡単なテストケースです。 関連するデモプロジェクトへのリンクは、 http://robotframework.orgから入手できます。

*** Settings ***
Documentation     A test suite with a single test for valid login.
...
...               This test has a workflow that is created using keywords in
...               the imported resource file.
Resource          resource.robot

*** Test Cases ***
Valid Login
    Open Browser To Login Page
    Input Username    demo
    Input Password    mode
    Submit Credentials
    Welcome Page Should Be Open
    [Teardown]    Close Browser

使用法

Robot Framework 3.0から、 robotスクリプトを使用してコマンドラインからテストを実行するか、 python -m robotjython -m robotようにrobotモジュールを直接実行してテストを実行します。 以前のRobot Frameworkのバージョンでは、Pythonインタプリタ固有のpybotjybot 、およびipybotスクリプトが動作しますが、将来は廃止され、削除されます。

基本的な使い方は、パスの前に可能なコマンドラインオプションを引数としてテストケースファイルまたはディレクトリへのパスを与えています:

robot tests.robot
robot --variable HOST:example.com --outputdir results path/to/tests/

さらに、結果を結合したり、出力を後処理したりするためのrebotツールがあります。

rebot --name Example output1.xml output2.xml

コマンドラインの使用法の詳細については、 robot --helprebot --helpを実行してください。 完全なリファレンスマニュアルについては、「 Robot Framework User Guide」を参照してください。

ドキュメンテーション

サポートと連絡先

ライセンス

Robot Frameworkは、 Apache License 2.0で提供されるオープンソースソフトウェアです。 Robot Frameworkのドキュメントやその他の同様のコンテンツは、 Creative Commons Attribution 3.0 Unportedライセンスを使用しています。 エコシステム内のほとんどのライブラリとツールもオープンソースですが、異なるライセンスを使用する場合があります。







-robotframework

執筆者: