GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

Russell91

pythonpy – コマンドラインのスイス軍ナイフ

投稿日:

コマンドラインのスイス軍ナイフ

コミュニティの注意:Pythonpy2の新しいリリースでは、下位互換性を失うことになるでしょう。 関与したい場合は、こちらのスレッドをチェックしてください: https : //github.com/Russell91/pythonpy/issues/86

インストール

pip install pythonpy

ボーナス:Readmeの最後にタブ補完設定が説明されています

使用法

Pythonpyは、コマンドラインからPython式を評価します。

浮動小数点演算

$ py '3 * 1.5'
4.5

任意のモジュールを自動的にインポートする

$ py 'math.exp(1)'
2.71828182846

$ py 'random.random()'
0.103173957713

$ py 'datetime.datetime.now?'
Help on built-in function now:

now(...)
      [tz] -> new datetime with tz's local day and time.

py -x ‘foo(x)’は入力の各行にfooを適用します

各入力行に7を掛けます。

$ py 'range(3)' | py -x 'int(x)*7'
0
7
14

csvの2番目の列を取得する

$ echo $'a1,b1,c1\na2,b2,c2' | py -x 'x.split(",")[1]'
b1
b2

ディレクトリ内のすべてのファイルに “.txt”を付ける

$ ls | py -x '"mv `%s` `%s.txt`" % (x,x)' | sh
# sharp quotes are swapped out for single quotes
# single quotes handle spaces in filenames

findコマンドによって返されるすべてのファイルを削除する

$ find . -type f | py -x '"rm %s" % x' | sh

2桁の数字のみを取得する

$ py 'range(14)' | py -x 'x if len(x) == 2 else None'
10
11
12
13

py -lはl = list(sys.stdin)を設定します。

リストは行単位で印刷されます

$ py 'range(3)'
0
1
2

$ py '[range(3)]'
[0, 1, 2]

入力を逆にする

$ py 'range(3)' | py -l 'l[::-1]'
2
1
0

入力を合計する

$ py 'range(3)' | py -l 'sum(int(x) for x in l)'
3

2番目の列でcsvをソートする

$ echo $'a,2\nb,1' | py -l 'sorted(l, key=lambda x: x.split(",")[1])'
b,1
a,2

各文字で始まる単語を数える

$ cat /usr/share/dict/words | py -x 'x[0].lower()' | py -l 'collections.Counter(l).most_common(5)'
('s', 11327)
('c', 9521)
('p', 7659)
('b', 6068)
('m', 5922)

より多くの例については、 wikiをチェックしてください。

Pythonpyはipythonスタイルのタブ補完もサポートしています。この補完はあなたの.bashrcに以下を追加することで有効にできます。

$ if command -v find_pycompletion.sh>/dev/null; then source `find_pycompletion.sh`; fi

タブの補完にはいくつかの欠点があり、そのすべてが必要な悪です。 行動に回帰がある場合は、報告してください。







-Russell91

執筆者: