GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

sindresorhus

editorconfig-sublime – 開発者が異なるエディタ間で一貫したコーディングスタイルを維持できるようにする – Sublime Text Pl..

投稿日:

開発者が異なるエディタ間で一貫したコーディングスタイルを維持できるようにする – Sublime Text Plugin

EditorConfig

EditorConfigは、開発者が異なるエディタ間で一貫したコーディングスタイルを維持するのに役立ちます


🦄

Wes Bosのこの優れたSublime Power Userコースで、このプロジェクトをサポートし、崇高なスキルを向上させましょう
彼の無料のJavaScript 30コースを試して、何を期待するのかを試してみてください。 また、彼のES6リアクトコースもチェックしてください。

🌈


インストール

パッケージコントロールで EditorConfigをインストールして、Sublimeを再起動してください。

入門

ドキュメンテーションについては、 EditorConfigサイトを参照してください。

サポートされているプロパティ

  • ルート
  • インデントスタイル
  • indent_size
  • end_of_line
  • 文字セット
  • trim_trailing_whitespace
  • insert_final_newline

プロパティの説明は、 EditorConfigサイトで確認できます。

サンプルファイル

私の推奨するデフォルト設定

# editorconfig.org
root = true

[*]
indent_style = tab
end_of_line = lf
charset = utf-8
trim_trailing_whitespace = true
insert_final_newline = true

[*.md]
trim_trailing_whitespace = false

ヒント

EditorConfigスニペット

EditorConfigファイルで管理されるすべての設定を覚えていない場合は、 editorconfigスニペットが大好きです。

editorconfig + tabと入力すると、エディタは最初の設定の値(indent_style = lf )に注目します。 必要に応じて値を変更し、 タブを押すなどして次の設定の値にジャンプすることができます 設定はややオートコンプリートされていますが、すべての値が記憶されていない場合は、設定値を削除してすべてをコメントとして表示してください。

あなたは、 editorconfig + タブが別のスニペットをトリガーする文脈の中にいることができます。 その場合は、単にGoto anywhere使用してください(Linux / WindowsではCtrl + P 、macOSでは + P )、 Snippet: editorconfig入力して Snippet: editorconfigを選択し、 Enterキーを Snippet: editorconfigます。

アクティブな設定を表示する

アクティブな設定はSublimeコンソールに表示されます。

末尾の空白

trim_trailing_whitespaceプロパティがあります。 "draw_white_space": "all""draw_white_space": "all"設定することをお勧めします"draw_white_space": "all"環境設定で"trim_trailing_white_space_on_save": trueを指定すると、プロジェクトに.editorconfigファイルがないときに間違って空白のゴミを入れないようにします。

変更を表示する

このプラグインは、バックグラウンドで透過的に変更を行います。 変更された内容を確認したい場合は、 Modificioの優れたプラグインをお勧めします。

ライセンス

MIT© Sindre Sorhus







-sindresorhus

執筆者: