GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

sloria

cookiecutter-flask – ブートストラップ3を備えたフラスコテンプレート、ウェブパックを用いたアセットバンドリング+ミニ化、スターターテンプレー..

投稿日:

ブートストラップ3を備えたフラスコテンプレート、ウェブパックを用いたアセットバンドリング+ミニ化、スターターテンプレート、および登録/認証 cookiecutterで使用する。

クッキーキャスターフラスコ

cookiecutter用のFlaskテンプレート。

今すぐ使用する

$ pip install cookiecutter
$ cookiecutter https://github.com/sloria/cookiecutter-flask.git

基本情報(名前、プロジェクト名、アプリ名など)について尋ねられます。 この情報はあなたの新しいプロジェクトで使用されます。

特徴

  • ブートストラップ3とフォントAwesome 4のスターターテンプレート
  • Flask-SQLAlchemyの基本ユーザーモデル
  • Flask-Migrateによるデータベースの簡単な移行
  • Flask-WTFormsログインと登録フォーム
  • 認証のためのFlask-Login
  • パスワードハッシングのFlask-Bcrypt
  • PaaSに展開するためのProcfile(例えばHeroku)
  • テスト用のpytestとFactory-Boy(サンプルテストを含む)
  • 簡単なコマンドで構成されたFlaskのClick CLI
  • webpackを使用したCSSおよびJSの縮小
  • フロントエンドパッケージ管理のnpmサポート
  • Flask-Cacheを使用したキャッシング
  • 便利なデバッグツールバー
  • ベストプラクティスを活用するBlueprintsApplication Factoryパターン

スクリーンショット

インスピレーション

ライセンス

BSDライセンス

変更ログ

0.13.0(2011年6月25日)

  • フロントエンド資産を構築するにはwebpackを使用します。 フロントエンドの依存関係はNPMと共にインストールされます。 Flask-Assetsとbower.jsonを削除します。 ありがとう@wroberts

0.12.0(2011年6月11日)

  • Pythonの依存関係を更新します。

0.11.1(2011年6月11日)

  • Flaskに0.11 ドキュメントに従って最初のパラメータを正しく渡します。 ありがとう@aliavni
  • Herokuで展開を修正するには、setuptoolsとwheelを依存関係として削除します。 ありがとう@キャバリスト
  • User.passwordをbcryptの新しいバージョンとの互換性のためのバイナリフィールドにします。 再びありがとう@キャバリスト

0.11.0(2011年9月10日)

  • MYFLASKAPP_ENVの代わりにFLASK_DEBUGシステム環境変数を使用して、開発環境と本番環境のさまざまな設定を制御する

0.10.1(2011年8月28日)

  • invoke testコマンドを修正しました。

0.10.0(2011年8月28日)

  • Flask 0.11に更新してください。
  • Use CLIコマンドにFlask-Scriptの代わりにをクリックします。

0.9.0(2013年3月6日)

  • 失効した要件を更新します。
  • CSRF保護を追加する。
  • Travisビルドでlintコマンドを実行します。
  • Python 3.5に対するテスト。

0.8.0(2015年11月9日)

  • 失効した要件を更新します。
  • lintclean 、およびurls管理コマンドを追加します。
  • isortを追加します。

これらの貢献に感謝@andreoliw。

0.7.0(2014年4月14日)

  • mitsuhiko /フラスコ#1135によるflask_ *への拡張機能インポートスタイルの更新
  • 古くなった要件(Werkzeug、Flask-WTF、WTForms、Flask-Bcrypt、Flask-DebugToolbar、Flask-Migrate、Bootstrap、jQuery)を更新してください。 Flask-Migrateの重要なパッチを通知してくれてありがとう@bsmithgall。

0.6.0(2014/01/01)

  • Travisのcookiecutterをテストします。 ありがとう@ジョシュフレンド。
  • 古い要件を更新する(Flask-WTF、Flask-Migrate、Flask-DebugToolbar)

0.5.0(2014年9月29日)

  • .travis.ymlを修正してください。
  • 古くなった要件を更新する(Flask-WTF、WTForms、Flask-SQLAlchemy、jquery、Bootstrap)

0.4.3(2014年7月27日)

  • BaseFactoryクラスを追加します。
  • compat.pyモジュールを追加してください。
  • テストはPython 3をパスします。

0.4.2(2014年7月27日)

  • ファクトリをfactory-boy> = 2.4.0の構文に更新します。
  • 失効した要件を更新します。

0.4.1(2014/07/07)

  • 古い要件を更新する(Werkzeug 0.9.6、WTForms 2.0)
  • home.htmlで不一致のdivタグを修正しました(thanks @ level09

0.4.0(2014年4月19日)

  • あまり冗長な外部キー列のためにReferenceColを追加してください。
  • モデルに整数主キーを追加するためのSurrogatePK mixinを追加します。
  • CRUDの便利なメソッドを持つ基本モデルクラスを追加します。
  • BCrypt暗号化の複雑さを修正しました。 テストははるかに高速です。
  • Add Roleモデルを使用してReferenceColの使用状況を表示します。
  • pytestに切り替えます。
  • 期限前のすべての要件をアップグレードします。
  • より多くのテスト例。
  • cookiecutter.jsonから “year”を削除します(必要に応じてLICENSEを変更してください)。

0.3.2(2014年2月26日)

  • 静的資産を修正します。

0.3.1(2014年2月20日)

  • cookiecutter.jsonでデフォルトの年を更新します。 ありがとう@Omeryl
  • Webテストでのリダイレクトのテストを修正しました。 ありがとう@ Widdershin
  • ナビゲーションフォームでPOSTアクションを修正しました。 ありがとう@ Widdershin。
  • ブートストラップ(3.1.1)とjQuery(2.1.0)を更新
  • バワーのオプションサポート。
  • 拡張された資産は開発環境では使用されません。

0.3.0(2012年8月12日)

  • よりモジュラーな組織:各青写真は、独自のビュー、モデル、フォームをディレクトリに格納しています。 まだテンプレートと静的資産のための単一のディレクトリがあります。
  • パスワードハッシングにFlask-Bcryptを使用してください。
  • Flask – 認証のためのログイン。
  • シンプルなテスト設定。 DbTestCaseサブクラスを作成するだけDbTestCase
  • フラスコテストのサポート。
  • テストファクトリにはFactory-Boyを使用します。
  • 機能テストにはWebTestを使用します。
  • Flask-Debugtoolbarを追加します。
  • Flask-Migrateを使用した移行
  • Flask-Cacheを使用したキャッシング
  • エラーページテンプレートを追加する(404,401,500)
  • アイコンのためのフォント驚くばかりの4.0.3を追加します。

0.2.0(2011年9月21日)

  • manage.pyスクリプトを追加する
  • CSSとJSのバンドル+拡張のためのFlask-Assetsを追加する
  • MYFLASKAPP_ENVシステム環境変数によって制御される、開発環境と本番環境に異なる設定を使用する
  • Blueprintsとアプリケーションファクトリパターンを使用します。 simpleブランチはこれらを使用しません。

0.1.0(2011年12月20日)

  • 最初の反復
  • ブートストラップ3ファイナル
  • 作業ユーザーモデルと登録







-sloria
-, , , ,

執筆者: