GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

tzutalin

labelImg – 🤘画像の注釈ツール

投稿日:2018年4月15日 更新日:

🤘LabelImgは画像の注釈ツールです  https://youtu.be/p0nR2YsCY_U

LabelImg

 

LabelImgは、グラフィカル画像アノテーションツールです。

Pythonで書かれており、GUIとしてQtを使用しています。

アノテーションは、 ImageNetで使用される形式であるPASCAL VOC形式でXMLファイルとして保存されます。

 

 

デモビデオを見る

 

インストール

 

ビルドされたバイナリをダウンロード

 

ソースからのビルド

Linux / Ubuntu / Macには、少なくともPython 2.6が必要で、 PyQt 4.8を用いてテストされています。

 

Ubuntu Linux

Python 2 + Qt4

sudo apt-get install pyqt4-dev-tools
sudo pip install lxml
make qt4py2
python labelImg.py
python labelImg.py [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

Python 3 + Qt5

sudo apt-get install pyqt5-dev-tools
sudo pip3 install lxml
make qt5py3
python3 labelImg.py
python3 labelImg.py [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

macOS

Python 2 + Qt4

brew install qt qt4
brew install libxml2
make qt4py2
python labelImg.py
python  labelImg.py [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

Python 3 + Qt5(MacOS High Sierraで動作)

brew install qt  # will install qt-5.x.x
brew install libxml2
make qt5py3
python labelImg.py
python  labelImg.py [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

NEW Python 3 Virtualenv + Binary これは、QT / Pythonのバージョンの問題を回避し、/Applicationフォルダ内の新しいSVGアイコン付きの素ナイスな .app ファイルを提供します。

brew install python3
pip install pipenv
pipenv --three
pipenv shell
pip install pyqt5 lxml
make qt5py3
rm -rf build dist
python setup.py py2app
cp -rf dist/labelImg.app /Applications

 

Windows

Python 2.6以降PyQt4をダウンロード・セットアップした後、 lxmlをインストールします 。

cmdを開き、 labelImgディレクトリに移動します。

pyrcc4 -o resources.py resources.qrc
python labelImg.py
python labelImg.py [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

Windows +anaconda

anaconda(python 3+)をダウンロードしてインストールします。

cmdを開き、 labelImgディレクトリに移動します。

conda install pyqt=4
pyrcc4 -py3 -o resources.py resources.qrc
python labelImg.py
python labelImg.py [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

PyPIから入手

pip install labelImg
labelImg
labelImg [IMAGE_PATH] [PRE-DEFINED CLASS FILE]

 

Ubuntu 14.04と16.04でpipをテストしましたが。macOSとWindowsでpipを使ったテストしませんでした。

 

Dockerを使用する

docker run -it \
--user $(id -u) \
-e DISPLAY=unix$DISPLAY \
--workdir=$(pwd) \
--volume="/home/$USER:/home/$USER" \
--volume="/etc/group:/etc/group:ro" \
--volume="/etc/passwd:/etc/passwd:ro" \
--volume="/etc/shadow:/etc/shadow:ro" \
--volume="/etc/sudoers.d:/etc/sudoers.d:ro" \
-v /tmp/.X11-unix:/tmp/.X11-unix \
tzutalin/py2qt4

make qt4py2;./labelImg.py

 

インストールされたすべての依存関係と必要な依存関係をすべて持つイメージを取得できます。 デモビデオを見る

 

使用法

 

Steps(PascalVOC)

  1. 上記の手順に従ってビルドして起動します。
  2. [Menu/File]で[Change default saved annotation folder]をクリックします。
  3. [Open Dir]をクリックします。
  4. [Create RectBox]をクリックします。
  5. 左マウスをクリックして放して、矩形ボックスに注釈を付ける領域を選択します。
  6. 右マウスを使用して四角ボックスをドラッグしてコピーまたは移動することができます。

アノテーションは指定したフォルダに保存されます。

下のホットキーを参照して、ワークフローをスピードアップすることができます。

 

Steps(YOLO)

  1. data/predefined_classes.txtは、トレーニングに使用するクラスのリストを定義します。
  2. 上記の手順に従ってビルドして起動します。
  3. ツールバーの「Save」ボタンのすぐ下にある「PascalVOC」ボタンをクリックしてYOLO形式に切り替えます。
  4. Open / OpenDIRを使用して、単一または複数のイメージを処理できます。 単一のイメージで終了したら、[Save]をクリックします。

yolo形式のtxtファイルは、同じ名前の画像と同じフォルダに保存されます。 “classes.txt”という名前のファイルもそのフォルダに保存されます。 “classes.txt”は、yoloラベルが参照するクラス名のリストを定義します。

注意:

  • ラベルリストは、画像のリストの処理の途中で変化してはならない。 画像を保存すると、classes.txtも更新されますが、以前の注釈は更新されません。
  • YOLO形式に保存するときは、 “default class”関数を使用しないでください。参照されません。
  • YOLO形式で保存すると、”difficult”フラグは破棄されます。

 

あらかじめ定義されたクラスの作成

data / predefined_classes.txtを編集して、事前に定義されたクラスをロードすることができます

 

ホットキー

Ctrl + u ディレクトリからすべてのイメージをロードする
Ctrl + r デフォルトの注釈ターゲットディレクトリを変更する
Ctrl + s セーブ
Ctrl + d 現在のラベルと矩形ボックスをコピーする
スペース 現在のイメージに検証済みのフラグを立てる
w 矩形ボックスを作成する
d 次の画像
a 前の画像
デル 選択した矩形を削除する
Ctrl ++ ズームイン
Ctrlキー ズームアウトする
↑→↓← 選択した矩形ボックスを移動するためのキーボード矢印

 

貢献する方法

プルリクエストを送信して下さい

 

ライセンス

フリーソフトウェア:MITライセンス

引用:Tzutalin. LabelImg. Git code (2015). https://github.com/tzutalin/labelImg

 

関連

  1. イメージをダウンロードし、機械学習用のラベルテキストを作成するImageNet Utils
  2. Dockerを使用してlabelImgを実行する
  3. パスカルVOC TFRecordファイルの生成
  4. Nick Roach(GPL)のアイコンに基づくAppアイコン< https://www.elegantthemes.com/ > < https://www.iconfinder.com/icons/1054978/shop_tag_icon > __







-tzutalin
-, , , , , , , ,

執筆者: