GitHubじゃ!Pythonじゃ!

GitHubからPython関係の優良リポジトリを探したかったのじゃー、でも英語は出来ないから日本語で読むのじゃー、英語社会世知辛いのじゃー

zeromq

pyzmq – PyZMQ:zeromqのPythonバインディング

投稿日:

PyZMQ:zeromqのPythonバインディング http://zguide.zeromq.org/py:all

PyZMQ:ØMQ用のPythonバインディング

このパッケージには、 ØMQ用のPythonバインディングが含まれています。 ØMQは、軽量で高速なメッセージング実装です。

PyZMQは、妥当なバージョンのPython(3.4以上)、Python 2.7と3.3、PyPyで動作するはずです。 CPythonで使用されるCythonバックエンドは、libzmq≥2.1.4(3.2.xおよび4.xを含む)をサポートしますが、PyPyで使用されるCFFIバックエンドは、libzmq≥3.2.2(4.xを含む)のみをサポートします。

pyzmqへの変更の概要については、 changelogを参照してください。

ØMQ3.x、4.x

PyZMQは、 zeromq / libzmqで開発されたlibzmqの3.xおよび4.x APIを完全にサポートしています。 変更するコードはなく、渡すフラグはありません。最新のpyzmqをビルドするだけで動作します。

PyZMQはPyPyの古いlibzmq 2 APIをサポートしていません。

ドキュメンテーション

APIの詳細についてはPyZMQのSphinxで生成れたGitHubのドキュメントを、PythonとCythonの開発についてはいくつかのノートを参照してください。 一般的にØMQの使い方を知りたい場合は、優れたØMQガイドをお勧めします。これにはすべての例のPython版があります。 また、 ウィキにいくつかの情報があります

ダウンロード

特にPyZMQを開発したいのでない限り、PyZMQのソースコードをPyPIからダウンロードするか、condaでインストールすることをお勧めします。

GitHubリポジトリから最新のソースコードを入手することもできますが、リポジトリからビルドするには、最近のCythonをインストールする必要があります。

建物とインストール

pyzmqの構築の詳細については、Wikiを参照してください

OS X、Windows、およびLinuxのホイールを構築するので、以下のプラットフォームでバイナリを入手できます。

pip install pyzmq

pip install pyzmqpip install pyzmqしてソースからコンパイルすると、ほとんどの環境で動作pip install pyzmqはずです。 特にOS Xでは、最新のpip(8以上)を使用しているか、正しいホイールが見つからない可能性があります。

何らかの理由でホイールが動作しない場合、またはpyzmqを強制的にコンパイルしたい場合(libzmqがすでにインストールされ、それを望むように設定されている方が望ましいことがよくあります)

pip install --no-use-wheel pyzmq

pyzmqをコンパイルするとき(Linuxでpipを使ってインストールするなど)、通常、zeromqをhomebrew、apt、yumなどで別々にインストールすることをお勧めします。

# Debian-based
sudo apt-get install libzmq3-dev

# RHEL-based
sudo yum install libzmq3-devel

これが利用できない場合、pyzmqはlibzmqをPython拡張としてビルドしようとしますが、これは動作するは限りません。

gitリポジトリからpyzmqをビルドする(GitHubのリリースタグを含む)にはCythonが必要です。

古いバージョン

pyzmq 16ドロップはPython 2.6と3.2をサポートしています。 それらのPythonバージョンの1つを使用する必要がある場合は、pyzmqバージョンを16より前に固定することができます。

pip install 'pyzmq<16'

libzmq 2.0.xの場合、 ‘pyzmq <2.1’

pyzmq-2.1.11はPython 2.5をサポートするpyzmqの最後のバージョンで、pyzmq≧2.2.0は2.6以上のPythonを必要とします。 pyzmq-13.0.0は、libzmq-3.2.2以降のみをサポートするCFFIを介してPyPyサポートを導入しています。

PyZMQはlibzmqのバージョン管理と匹敵する2.2.0をリリースしましたが、これはもはやPyZMQ 13.0.0(それは13番目のリリースでした。 PyZMQ≧13.0は、PyZMQそのものを扱うセマンティックバージョニング規約に従います。







-zeromq

執筆者: